園からのお知らせ


掲示日
対象
お知らせ件名


園だより
令和3年6月号

行事の様子や来月の行事。園からの大切なお知らせ。お誕生日を迎えた園児の紹介など、楽しい内容満載です。保護者の方々へは紙お配りしております。その内容そのままでデジタルでお届けします。下のボタンを押しますと表示します。

献立表
令和3年6月分

毎日の食事を通して正しい食事のとり方を身に付けると共に、心も体も健康な子どもを育てることを目標にしています。

企業主導型保育事業


会社も社員も地域もうれしい

企業主導型保育事業は、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供するために設置する保育施設や、地域の企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営費の助成を行います。


単独設置、共同利用(5社)、運営方式:委託、地域枠:有(任意で全定員の50%以内)

霧島酒造グループ

〒855-0011 宮崎県都城市下川東4丁目28号1番

社会福祉法人 郡元福祉会

〒885-0018 宮崎県都城市郡元四丁目23-18

 

企業主導型保育事業
きりしまたけのここども園

〒885-0093 宮崎県都城市志比田町5653番地Email : takenoko@kirishimatakenoko.net


保育内容
通常保育(0歳~5歳)
一時預かり保育
病後児保育
体調不良児保育

定員
初年度 19名(次年度以降 最大48名)  令和3年2月10日 現在 30名

令和元年10月1日 開園

霧島酒造グループと郡元福祉会は、企業主導型保育所 きりしまたけのここども園を令和元年10月に開園しました。

保育方針

少人数の保育

お子様一人一人に、しっかりとスタッフの目が届きます。また、園児の目線で一人一人に丁寧な関わりを持ちます。

丈夫なからだづくり

多様な動きを身に付けるだけ でなく、心肺機能や骨形成にも寄与するなど、生涯にわたって 健康を維持したり、何事にも積極的に取り組む意欲を育んだり するなど、豊かな人生を送るための基盤づくりとなることから、 以下のような様々な効果が期待できます。手足は”突き出た脳・心肺”とも言われます。たくさん使ってあそび健全な脳と身体の発達を促します。

家庭的な雰囲気

子どもたちが、ご家庭で過ごすように、自然な姿が出せる事を大切にしています。

食育

日本の食文化を生かした家庭的な手づくりの味を大切にし、温かい食事を、暖かい状態で提供します。

保育内容

通常保育

乳幼児の健康と安心を願い、安心感のある適切な環境の中で活動できるように一人一人に応じた温かみのある保育・教育によって、健全な発達を培っていく。

一時預かり保育

一時的に家庭での保育ができない場合、おもに昼間において認定こども園、幼稚園、保育所などが乳幼児を預かり、必要な保護をする事業。 市町村が「子ども・子育て支援法」に基づいて実施する地域子ども・子育て支援事業の一つである。

体調不良児保育

保育中に急に体調を崩したり、熱は下がったが集団生活が難しい場合など、保護者さんが迎えに来られるまでお預かりし、当園の看護師・保健師がお子さんのケアーに当ります。

病後児保育

お子様が病気の「回復期」であり、かつ、集団保育が困難な期間において、お子様を本園に付設された本事業のための専用スペースで一時的に保育する事業です。

ケア対象児童
都城市・三股町圏域の乳幼児から小学6年生(12才)までの病後児。
※詳細条件は別途ご案内いたしますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。
ご利用時間
月曜日~土曜日「午前8時~午後6時」
※日曜日はお休みです。
※利用期間は連続して7日間以内です。
ご利用料金/定員
〇終日・・・2,000円 〇半日(5時間以内)・・・1,000円
定員・・・2名 ケアルーム・・・1室
専属スタッフ・・・看護師 1名 / 保育士 1名
ご利用の流れ
病院を受診し「病後児保育申請書」を医師より記入してもらう。
利用前日に予約の電話を入れていただきます。
予約のお電話の際に問診をし、問診カードに従って受入の判断をさせていただきます。
☆原則としてご予約順にてご利用を受付致しますので状況により受け入れできない場合がございます。詳細は随時ご案内いたします。
準備して頂くもの
病 後 児 保 育 利 用 申 請 書
投 薬 依 頼 書
☆利用時にご用意頂くもの
着替え2~3枚
タオル2~3枚、バスタオル
袋(汚れ物入れ)
薬(1回分)
おもちゃや絵本など
オムツ5~6枚
☆お茶とアクアサポートは準備してあります。その他必要な飲み物があればご準備ください。
一般症状
前日より38℃以下で、熱の上がり下がりがなく安定している。
食欲水分補給が可能であり、普段通りの食事がほぼとれる状態にある。
消化器症状強い腹痛や激しい下痢、嘔吐がない。
感染力が強く、一般症状以外の基準のある感染症
 病名と病後児保育のめやす
インフルエンザ
発熱より5日を経過し、解熱後2日(乳幼児は3日)を経過している。
咽頭結膜炎(プール熱)
発熱、目の充血、咽頭発赤が消え2日経過している。
流行性結膜炎
結膜炎の症状が消失している。
感染性胃腸炎(ノロ・ロタ・アデノ等)
発熱、嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事ができる。
RSウイルス
重篤な呼吸器症状が消失し全身状態がよい。

 病後児保育室では、事前の診察で医師により保育室の利用が不可能と診断された場合は、受け入れをお断りしています。

病後児保育室を利用できない病状・症状
伝染病疾患(麻疹、風疹、水痘、流行性耳下腺炎、インフルエンザ、流行性角結膜炎、ロタなど)の急性期で、他児に伝染する恐れが強い。
感染しやすく一旦感染すれば重症になる危険性が高い(血液腫瘍疾患や重症心疾患、重症腎疾患、膠原病などや、免疫抑制剤を使用している場合など)。
39度以上の発熱が続いている。
嘔吐、下痢がひどく脱水症状の兆候(皮膚や唇の乾燥、涙が出ない、ぐったりして元気がない など)がある。
咳がひどく、呼吸困難である(喘息発作を含む。)。
その他、医師により受入が不可能と判断された場合。
各感染症と目安となる許可基準
麻疹(解熱後3日が経過すれば利用可能)
風疹(発疹の消失後は利用可能)
水痘(全ての発疹が痂皮化すれば可能)
流行性耳下腺炎(耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が出現した後5日を経過すれば利用可能)
インフルエンザ(発症後5日を経過し、かつ解熱後3日を経過すれば利用可能)
マイコプラズマ感染症(解熱後24時間が経過し咳が改善するまで隔離室で利用可能)
RSウイルス感染症(解熱後24時間が経過するまでは隔離室で利用可能)
ヒトメタニューモウイルス感染症(解熱後24時間が経過するまでは隔離室で利用可能)
溶連菌咽頭炎(抗生剤の内服開始後24時間が経過するまでは隔離室で利用可能)
咽頭結膜熱[プール熱](主症状消失後2日が経過すれば利用可能)
ヘルパンギーナ(利用可能)
手口足病(利用可能)
ロタウイルス・ノロウイルス等の感染性胃腸炎
流行性角結膜炎
保育基準
一般症状
前日より38℃以下で、熱の上がり下がりがなく安定している。
食欲水分補給が可能であり、普段通りの食事がほぼとれる状態にある。
消化器症状強い腹痛や激しい下痢、嘔吐がない。
感染力が強く、一般症状以外の基準のある感染症
病名 病後児保育のめやす
インフルエンザ 発熱より5日を経過し、解熱後2日(乳幼児は3日)を経過している。
咽頭結膜炎
(プール熱)
発熱、目の充血、咽頭発赤が消え2日経過している。
流行性結膜炎 結膜炎の症状が消失している。
感染性胃腸炎
(ノロ・ロタ・アデノ等)
発熱、嘔吐、下痢等の症状が治まり、普段の食事ができる。
RSウイルス 重篤な呼吸器症状が消失し全身状態がよい。

園内のご案内

~木をふんだんに用いた温もりのある多彩な空間づくり~

 園舎は、園庭を囲むよう建てられています。また、その造形は、たけのこののイメージときりしま連山のイメージを連想できるように建てられています。 木造建築の大きな魅力といえば、自然素材に囲まれた落ち着きのある空間です。 木造建築には香りや視覚による癒やし効果があるといわれています。 天然の木材を使用することで自然の魅力溢れる空間となり、 暖かさのある建物を作ることができます。 調湿効果がある木材には 室内の空気が乾燥すると、木材中に蓄えていた水分を空気中に放出し、 乾燥をやわらげてくれます。一方、湿気の多い時季は、空気中の水分を木材が吸い込み、 湿気を緩和させるため、結露やカビの発生を抑えることができます。
園児送迎玄関
園児送迎玄関

先生との行き帰りの挨拶も元気よく。安全面でのセキュリティにも細心の注意を払っています。

一般の方玄関
一般の方玄関

玄関まで全面スロープに。玄関付近には手すりも設置。段差がなくなり、高齢者の方も安心です。

保育室
保育室

園児のお世話をしながら、部屋の様子をうかがえます。間仕切りせず広々と使うこともできます。

ぞうさんホール
ホール [ ぞうさんホール ]

お遊戯や、保護者向けの園の説明会など、 さまざまな面で使用するホールを備えています。

図書室
図書室

好きな場所で気に入った絵本をじっくり楽しみ、 感性を育むことができる場所です。

病後児保育スペース
病後児保育スペース

病後時保育とは. お子さんが病気の「回復期」にあり、集団生活や家庭での育児が困難な期間、 保護者が勤務を休めないなどの事情がある時に、お子さんを一時的にお預かりする施設です。

トイレ
トイレ

トイレは各保育室に隣接しており先生の目から離れないように配慮しています。 子育ての中でも難しく思われる方もいるトイレトレーニングも安心して対応できます。

ひみつの通路
ひみつの通路

遊びの天才、子どもたちがのびのびと遊べるように管理しています。

もぐもぐルーム
もぐもぐルーム

こども園の1日
6:45 開園・随時登園

|

8:30 視診・自由遊び

|

9:00 出欠確認・生活指導

|

9:30 カリキュラムに沿った保育活動

|

11:50 昼食

|

12:30 清掃(後片付け)・読み聞かせ など

|

13:30 保育活動(お昼寝は自由)・自由遊び など

|

14:30 読み聞かせ など

|

15:00 おやつ

|

15:20 組別指導

|

16:00 降園準備

|

17:00 短時間保育終了・随時降園

|

18:00 保育標準時間終了・延長保育

|

18:30 閉園


身体的/精神的特徴

発達の過程

運動機能も安定し、歩く速度は大人とほぼ変わらない速さになります。

手先も器用になり、細かい作業や少し複雑なこともできるようになります。

精神的・知能的特徴

自分の気持ちや思いを言葉にして表現することができるようになってきます。 良い・悪いなどの2択だけではなく、物事の程度や形容を表現できるようになります。 理解力や想像力も飛躍的に進歩し、やや複雑な会話やユーモアや冗談を交えたお話もできるようになります。 周りのお友達や大人とより高度なコミュニケーションをとれるようになります。 社会性が育ってくることによって、マナーやルールを理解し、相手の気持ちを考えることもできるようになります。 また、他の人の気持ちを考えられるようになるので、クラスで班活動やグループワークができるようになります。

発達の過程

3歳の頃より運動機能が発達し、バランスをとる力もアップします。

また、手先も器用になりハサミなどを上手に使えるようになります。

精神的・知能的特徴

時間(過去・現在・未来)を認識できるようになる 言葉を選んで周りに合わせたコミュニケーションを取ることができる 目に見えない概念(想像や空想)を理解できるようになる 自分と他人の区別がつくようになる

発達の過程

2歳から5歳の幼児期は乳児期に次いで身長体重ともに著しい発達を見せる時期です。

運動神経やバランス感覚も発達し、できることがどんどん増えていきます。

精神的・知能的特徴

言語能力も少しずつ発達し、子ども同士でのコミュニケーションもよく見られるようになります。 「大きい・小さい」や「長い・短い」といった簡単な比較もできるようになります。 お友達やテレビで見たもの家族や先生のしゃべる言葉を覚えて真似したりします。 自我が芽生え始める時期でもあります。

発達の過程

体力もついてきて、長く起きて遊んでいられるようになってきます。

精神的・知能的特徴

どんなことも「自分でやってみたい」という自発性が生まれます。 同時に自立心も生まれてきて、思い通りにいかないと、癇癪を起して泣きわめいたりすることもあります。 単なるワガママのようにも思えますが、子どもたちの自我や自立心が発達している証拠でもあります。

発達の過程

この時期の乳児は、好奇心旺盛で少しずつ出来ることが増えていくので、いろんなものに興味津々です。

精神的・知能的特徴

寝ている時間よりも起きている時間の方が長くなり、お母さんの世話を必要とする時間も長くなります。 大人では考えられませんが、起きている間は常に何かしていて動きまわっています。 言葉を覚え、行動の幅も広がると表情も豊かになります。

発達の過程

この時期の乳児は、好奇心旺盛で少しずつ出来ることが増えていくので、いろんなものに興味津々です。

精神的・知能的特徴

乳児期は、身体の発達も目覚ましい時期ですが、精神的にもその後の人格形成に非常に大事な時期だと言われます。 この乳児期に「安心感」をしっかり与えてあげることがとても大事なのだそうです。 その時その時の感情を読み取り、欲しいものを与えて充足感・安心を感じさせることが大切になってきます。

 

電話でのお問合せ
0986-36-6310

FAXでのお問合せ
0986-36-6320

お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

メールは24時間お受けいたします。お寄せいただいたメールにつきましては、日曜・祝祭日を除く平日(8:30~16:30)にメールにてご回答いたします。 なお、内容によりましては、ご回答に日数がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせに対する回答のためにのみ使用いたします。
ご本人の承諾を得た場合や法令等により正当な理由がある場合を除き、第三者に提供または開示しません。
所在地

〒885-0093
宮崎県都城市志比田町5653番地

Contacts

Email: takenoko@kirishimatakenoko.net
電話: 0986-36-6310
Fax: 0986-36-6320